日経Wアカデミー「お金の学校 2020年を読み解く!勝ち抜くための投資戦略編」に登壇します。

2020年の変動する流れを読み解き、どのように投資をするか――。来年の相場はどうなる?有望株はどう選ぶ?今後の市場の行方は?皆様の不安や疑問にこたえ、2020年を勝ち抜くための戦略を語ります。

ダイヤモンド・オンラインに寄稿しました~「インフルエンザ」恐怖の感染力、大流行で注目される銘柄とは

日本では、インフルエンザは例年11月下旬ごろから流行し始め、翌年の1月から2月にかけて患者数がピークを迎えるが、今年はかなり早い段階から流行が始まっている。インフルエンザは毎年、数百万人の規模で患者を出しており、間接的な […]

ダイヤモンド・オンラインに寄稿しました~二酸化炭素削減の決め手「人工光合成」を日本がリードする可能性

異常な猛暑、冷夏、干ばつ、集中豪雨など自然災害は大規模化している。原因は、化石燃料由来の二酸化炭素による温室効果だ。石油に由来するエネルギー需要が今後も増していきそうななか、代替えエネルギーとして注目されるのが人工光合成 […]

ダイヤモンド・オンラインに寄稿しました~アポロ11号の月着陸から50年、超進化を続ける「宇宙ビジネス銘柄」とは

秋が静かにやってきました。虫の音を聞きながら、ひとりお月さまを見上げる機会が増えています。今年はアポロ11号が人類史上初めて月に降り立ってから50年。近くて遠い月の世界が、最近は急に身近なものに感じられるようになりました […]

ダイヤモンド・オンラインに寄稿しました~中国発「プラごみ」大流出時代に、日本企業が最後の防波堤と目されるワケ | DOL特別レポート | ダイヤモンド・オンライン

マイクロ・プラスチックと呼ばれる直径5ミリ・メートル以下のプラスチックが、世界的な問題となっています。マイクロ・プラスチックは、海に流れ込み、海の生態系を脅かしています。

ダイヤモンド・オンラインに寄稿しました 「ネットフリックスが過去最高値に接近、コンテンツメディア 新戦国時代」

夕方、1日の仕事を終えて帰宅する途中の電車の中でのことです。ふと見渡すと、周囲のほとんどの人が、スマホやタブレットを見つめています。最近は動画サイトに見入っている人が多く、思わず嘆息してしまいます。

鈴木一之の新刊「賢者に学ぶ 有望株の選び方 後悔しない3つの成功手法」

鈴木一之による新刊が7月24日に発売されます。 バフェット、グレアム、ピーター・リンチ…… 投資賢者たちの手法を分析し、わかりやすく解説しています。

ダイヤモンド・オンラインに寄稿しました 「株価から見える第四次産業革命、AI関連銘柄から目が離せない」

我々が暮らす現代社会は「第四次産業革命」に突入しています。時価総額で20兆円を超えるトヨタ株が下げる一方で、AI銘柄のHEROZが上昇を続けるように、時代が大きく変わるとき、最初に見られるのは株価の動きです。

ダイヤモンド・オンラインに寄稿しました 「視界不良が続く日本景気の起爆剤、デジタルトランスフォーメーションとは」

GWの大型連休を挟んで、日経平均株価は7日間の続落を記録しました。 不調の理由は、米中貿易摩擦の再燃や、日本景気の急速な悪化です。そんな空気を打ち破る起爆剤になりそうな分野が、デジタルトランスフォーメーションです。

ダイヤモンド・オンラインに寄稿しました 「MaaSとは何か?日本の課題を解消する巨大技術革新の胎動」

令和元年は通信業界における「5G元年」であるが、同時に「MaaS(マース)元年」でもあります。 世界規模の巨大な技術革新の動きを解説しています。